スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この形に恋をした

こんにちは。
職場でマスクもせずせきこんで、身はしんどいけど仕事頑張ってますアピールしている方の猛攻撃を受けながら書いております。
せめてマスクをして、できれば帰ってください。

さて、話は変わりますが、自分今、28歳にして恋をしています。
相手は当然バイクです。
そうC100シリーズです。どちらかというと、C105ですが。

2_big.jpg

大好きなスーパーカブの原点
知らない人が見たら、え、まぁ、カブじゃんで終わるこのバイク。
実はしっかりと進化して現代にまでその名をとどろかせているんですね。

ラビットと共に日本の高度経済成長を、日本中のそこらで支えてきたバイク。
スーパーカブ開発当時、現代の日本二輪メーカー4社だけでなく、おそらく自分の知らないようなメーカーが多数存在した時代に、ライバルメーカーたちを蹴散らし、発売当時から日本のスタンダードバイクとしての地位を獲得し、現代でも外を歩いていたら目にしない日がないレベルで浸透しているバイク。

カブはただのビジネスバイクじゃないのです。
この熱はしばらく続きそうです。

それでは。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。