スポンサーサイト

続きを読む >

シルバーピジョン C-25 その4

どうも。動かしたさが先行して、絵を描いてしまいました。 今日はベースガスケットづくり厚さは0.3㎜にしてみます。耐熱200℃って…大丈夫? 朱肉をエンジンに押し付け、ガスケットに転写し、デザインナイフでひたすらカットカット。んで、できたのがこれ。 そこそこよくできたのでは?余った切れ端で、マニホールド用も作っておきましたとさ。 これで大丈夫なのかは不明ですよ。...続きを読む >

S601 キャブ開けた

今日はS601のキャブの掃除です。いつかやろういつかやろうと思っていたけれど、動く間はまぁいいやってな感じでして。やっと重い腰が上がりました。S601のキャブにはKEIHINとMIKUNIがあるらしく、どうやら、前期型がKEIHIN後期型がMIKUNIとのことで、ワシのはMIKUNIのキャブでした。 開けてみると…結構きれい。けど、キャブクリーナーとパーツクリーナー使ってさくさくっと掃除 掃除掃除 キレイキレイ。 パッ...続きを読む >

シルバーピジョン C-25 その3

続いて。 エンジン編古ーいNGKのプラグ付の150CCサイドバルブエンジン。プラグの横は、デコンプです。 シリンダーヘッドのボルトは折れることなく案外すんなりと外れてくれました。が、 ピストンが、ガッツリ固着してるじゃないか…。これは終了か…?ヘッドカバーは少し磨いたらある程度まで綺麗になりましたよ。デコンプは固着しまくりであきらめかけています。 シリンダーのほうもキャブクリーナーやパーツク...続きを読む >

シルバーピジョン C-25 その2 

こんばんは。C25に手を付けました。 なんでもいいからとりあえず、外せるところを外して綺麗にしていこうということで、キャブレターを外してみました。 なぜ、この時代のネジはどれもこれもマイナスネジなのか。高確率で逝くマイナスですが、今回は無事すべて外すことができました…。 とても汚いので、キャブクリーナーをふんだんに使い汚れを落としていきます。 パッカーン 中身は案外きれいなもんでし...続きを読む >

シルバーピジョン C-25

さしぶりです。サイドバルブエンジンって、なんですか?バイクに詳しい人は口をそろえて「構造が簡単」だの「エンジンいじりの入門用エンジン」だの「すぐ治せる」だの言います。うらやましいです。うちのC-25どうやったら動きますか?配線も全くわからない、キャブとか外したいけど、すべてのネジが錆びまくってて、一触即発の状態なんだよ。何が生きているのかわからない。 ごらんなさいこのエンジンを。とりあえず気休めに...続きを読む >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。